Loading

2018年カレンダー 入荷!

2018年カレンダー「美しいフォントで綴るカレンダー」が入荷しました。

DSCF1562+

当店では初めてのカレンダーの取り扱い。

このカレンダーは、「北関東にあふれるいろいろなタカラヒト・モノ・コトのストーリーを紹介する情報サイト「ゆたり」さんが企画した「文字の美しさ」を追求した5つの書体で綴るカレンダーです。

「書体」は長い歴史の中で時代時代にさまざまな様式が生み出され,その表情も千差万別。

ただの文字。されど文字。

myriad_hiraku

私たちがよく目にするTVや広告や本などのデザインにおいても、見易さや全体の雰囲気を作り上げるのに非常に重要な要素となります。

どうせ飾るなら素敵なカレンダーの方が良い。

当店としてもこんなカレンダー待っていました!

余計な装飾を削ぎ落として、文字の美しさだけを見せることにこだわっています。


ただシンプルに文字の美しさを追求した
書体で選ぶ5つのカレンダー


Garamond 

ギャラモン:Born in France イタリアで生まれた手書き風の初期ローマン体が進化して誕生した「ギャラモン」は、16世紀のフランスでクロード・ギャラモンの活字をもとにつくられました。

オールド・ローマンを代表する活字書体として、さまざまなタイプデザイナーによって今に受け継がれている伝統的なセリフ書体です。

garamond_white

Bodoni

ボドニ :Born in Italy 伝統的なセリフ書体とは一線を画すモダン・ローマン体「ボドニ」が誕生したのは18世紀後半。「ヘアラインセリフ」と呼ばれる繊細なタイプフェイスが特徴です。パルマ公国印刷所のオリジナル書体として、ジャンバッティスタ・ボドニによってつくられました。

bodoni_white

Helvetica

ヘルベチカ: Born in Swiss スイスのタイプデザイナー、マックス・ミーディンガーとエドゥアルト・ホフマンが1957年に発表した「ヘルベチカ(書体名は「スイスの」という意味)」。シンプルで落ち着いた印象のサンセリフ書体でありながら、力強さもあり汎用性も高く、広告業界で最もポピュラーな書体のひとつです。

helvetica_white

Optima

オプティマ: Born in Germany 1958年、ドイツのタイプデザイナー・カリグラファのヘルマン・ツァップによってデザインされたサンセリフ書体。イタリア旅行中に見た碑文から着想し生まれた『セリフのないローマン体』です。一般的なサンセリフ書体とは異なる独特の表情が美しく、「ヒューマニスト・サンセリフ」に属します。

optima_white

Myriad

ミリアド: Born in America 1992年に Adobe社がリリースしたデジタルフォント。サンセリフ書体として絶大な人気を誇る「フルティガー」に似た大胆なタイプフェイスが特徴で、アップル社製品にも使用されていました。開発者の一人ロバート・スリムバックは、「Adobe Garamond」なども手がけています。

myriad_white

また、紙にもこだわり用紙は、

1、ざらっとした質感が上品なコットンホワイト

2、ライナーグレー

3、未晒クラフト

の3種類のご用意があります。

価格は1,000円(税抜)になります。また遠方の方でもご購入したい場合は下記のサイトから購入できます。どうぞご利用ください。

http://www.hontoyutari.com/goods/post-1177/

それでは、2017年も残すところ2ヶ月!頑張りましょう!!!!

それでは、moimoi!

 

PAGE TOP