Loading

BLOG

水戸市I様邸_納品事例

過ごしやすい季節になって来ましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今回、ご紹介させて頂くのは水戸市I様邸です。

I様にはじめてご来店いただいたのは、新居の図面が確定した半年ほど前。
当店のインテリアコンシェルジュサービスをご利用頂き、お打ち合わせでは3DCGを使用して、
内装と家具のカラーバランスや、照明の取り付け位置などの確認を重ねました。

まずは、ダイニングから見たリビングからご覧ください。

I様のお家は、吹き抜けのある天井が高い開放的な空間です。
近くハウスメーカーさんの見学会が予定されているとのことで、TVボードやソファ、ダイニングセット・カウンターチェアなどの家具一式に加えて、ポスターやモビール、お部屋に飾る小物や雑貨もプロデュースさせて頂きました。

続いて、キッチンから見たダイニング・リビングです。

 

リビングのソファは、カリモクニュースタンダードの「キャストールソファ」。日本最大手のカリモク家具が、創業70余年の経験と技術をもって新展開したブランド「KARIMOKU NEW STANDARD」のソファで、人間工学に基づき設計された座り心地と柔らかいフォルムが特徴です。当店で非常に人気のソファなんです。
人気の秘密は数多くあるのですが、ここでは長くなってしまいそうなので後ほど特集記事でご紹介したいと思っています。

ダイニングのテーブルは、マルニ木工「ラウンディッシュテーブル」です。柔らかなフォルムが優しい印象のダイニングを演出します。
また、丸い小判型の天板と脚がついており、テーブルの角にも座ることもできるため、人数が多い来客時にも非常に重宝する万能テーブルです。
角がまるく加工されているため小さなお子様がいらっしゃる方が選ばれることも。

 

ダイニングチェアは、世界で最も有名な日本の椅子「HIROSHIMA」。座り心地に感動され、ご夫婦が使用する椅子として採用頂きました。あのAPPLE本社でも数千脚が使用され話題になった椅子です。

その様子の記事を見つけましたのでご紹介いたします→ こちらから
また、HIROSHIMA誕生の背景が記録された動画もありますので是非ご覧下さい!私は恐らく50回以上見ているような気がします 笑

 

続いて、お子様の椅子は、KARIMOKU NEW STANDARDの「キャストールチェア」。

上のお子様本人の「どうしてもこの椅子が良い!」という熱い希望で採用になりました。
数回の打ち合わせの度に、何度どの椅子が良いかと聞いても、「この椅子が良い!」と変らず自ら選んだ椅子です。今年小学校に入学したお子様は、今では毎日このキャストールチェアに座って宿題をしているというご報告をいただきました。
手触り、かたち、サイズ、色、座りごこち、これが良いと思ったポイントは本人だけのものかもしれませんが、「これだ!」とこの椅子を好きになった瞬間の記憶はきっと、これからもずっと持ち続けてくれるのではないでしょうか。
そうやって、自分で本当に良いと思ったものを選んだからこそ、大切に扱い、愛着を持ってくれるのでしょう。
きっと、これからもこの椅子が「自分の椅子」であり続けるのだと想像すると、その椅子選びに立ち会えた私たちもとても嬉しくなります。

 

TVボード上の照明照明の設置は、設計の段階で設計士さんからご提案があったそう。照明の提案まで行ってくれる設計士さんは、本当に数少ないと思います。お客様への想い、ものづくりへの想いを感じました。高さと詳細の位置に関しては、弊社で指定させて頂きました。

大小のランプの位置関係や、高さなどを調整し、立体的に見えるように配置いたしました。ちなみに、照明はおなじみLE KLINTの「SINUS LINE 」。
1枚のプラスティックシートを職人が一つひとつ手で折り込んで作るハンドクラフトの照明です。美しい光と影のコントラストは、世界中を魅了し続けています。

 

お部屋の時計は「RIKI CLOCK」。
学校の教室のように壁の中心高く時計を掲げるのではなく、お部屋の中心をはずして、目線の少しだけ上にかけました。壁面にオブジェを飾るイメージです。
すこし小ぶりなRIKI CLOCKは低い場所にも飾りやすいのでおすすめですよ。

 

続いて、階段まわりです。
コーディネートの打ち合わせの際、定期的に撮影しているお子様の写真を飾りたいとご相談がありました。撮った写真はたくさんあるとお聞きしたため、階段をアートスペースのように飾ってはどうかとご提案をさせて頂きました。下からお子様の成長順にフレームを設置しています。

 

納品事例のご報告は以上ですが、
ほかにも、迷って1枚に選べなかった写真があるのでご紹介します。よろしければお付き合いください。照明を消したリビング・ダイニング。

 

そして、大好きな色っぽいHIROSHIMAもどうぞ。

当店を信じて、全てお任せくださったI様。素敵なお仕事をさせて頂き本当に感謝しております。
ありがとうございました。

今日のご報告以上になります。それでは、また。
田中でした。

 

納品事例 「村田農園 カフェラウンジ”Hati Hati” 様 」 これを食べずに春は迎えられない。

Stool 60 minä perhonen series 2

関連記事

  1. ミナ、来たる。

    2018.06.15
  2. ラプアンカンクリのバッグをもって飛び出そう

    2018.08.11
  3. Stool 60 minä perhonen series 2

    2018.06.05
  4. 納品事例「那珂市K様邸」

    2017.08.08
  5. アイスクリーム好きのためのスプーン、その名は「15.0%」

    2018.08.07
  6. ラプアンカンクリの”プレースマット”

    2018.08.06

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP